プログラミング
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

PythonでWebアプリ作成|Streamlitの使い方&チートシート

tadanori

Pythonで手軽にウェブアプリケーションが作成できるstreamlitの使い方を解説します。この記事では、stramlitのコンポーネントをチートシートのような感じにまとめました。

Streamlitとは

stereamlitは、Pythonで手軽にWebアプリケーションを作成できるオープンソースのライブラリです。

簡単なGUIなら、streamlitを使ってつくることができます。しかも、Webアプリなので、Windows/MacOS/linuxを気にしなくてよいのも便利です。

ここでは、streamlitのインストール、使い方、用意されているGUIコンポーネントなどについて解説したいと思います。

streamlitの公式ドキュメント:https://docs.streamlit.io/

ちょっとしたGUI作成に最適

streamlitを知ったのは、クラス分類などのAI系のアプリです。

実際に使ってみると画像の物体検出結果を表示させたり、クラス分類の結果を表示させるといったアプリがつくりやすそうに感じました。

Pythonで作ったコードに、ちょっとしたGUIを追加したい」という場合にstreamlitは向いていると感じます。

一方、本格的なWebアプリを作りたいならFastAPI, DjangoやFlaskなどを使った方がいいと思いました。

最近は、GUIはWebアプリとして作った方が楽だと感じています

インストール

anacondaでインストールする場合

anaconda, minicondaを使っていてインストールする場合は、コマンドラインで以下を実行します。

conda install -c conda-forge streamlit

自分のMacでは、pipではうまくインストールできなかったので、condaをインストールしているならこちらでインストールした方が良いです

試す場合は、仮想環境を作成することをお勧めします。以下のコマンドで仮想環境を作って、Activateできます

conda create -n streamlit
conda activate stremlit

pipでインストールする場合

pipでインストールする場合は、コマンドラインで以下のコマンドを実行します

pip install streamlit

動作確認

正しくインストールできたかどうか、以下のコマンドで確認します。

正しくインストールできていれば、ブラウザが開いて下図のようなページが表示されます

streamlit hello

使い方

作成したアプリの起動(streamlit run)

作成したアプリケーションを起動するには、以下のコマンドを実行します。xxxx.pyは、作成したアプリのPythonファイルです。

コマンドを実行すると、ブラウザにアプリケーションの画面が表示されます。

streamlit run xxxx.py

ライブラリのインポート

streamlitのライブラリをインポートします。ここでは、この記事で使っている他のライブラリも一緒にインポートしています。

streamlitは、import streamlit as stでインポートしています。streamlitの機能にアクセスする場合は、st.xxxx()という形でアクセスすることになります。

import streamlit as st
import pandas as pd
import matplotlib.pyplot as plt
from PIL import Image
import random
import time

Write文を用いた出力

st.write()を使えば、Pythonの変数や表、グラフなどをブラウザ上に表示できます。以下、表示の例を示します。

文字列(markdown)

st.write(str)で、文字列を出力できます。文字列はmarkdownとして扱われます。

例えば、以下のように文字列を与えると、見出しや強調、リスト、表といったものを簡単にブラウザに表示することができます。

markdown記法に慣れていないと使いにくく感じますが、慣れればちょっとした装飾を簡単にできるようになります

st.write(
"""
# これはH1です
## これはH2です
### これはH3です

これは**本文**です。

* リスト1
* リスト2

1. リスト1
2. リスト2

|A|B|C|
|:-|:-|:-:|
|one|2|3|
|two|5|6|
|thres|10|-|
""")
markdown

pandasの表

pandasの表もst.write()を使って出力するだけで表示することが可能です。

df = pd.DataFrame({"x":[1,2,3], "y":['a','b','c']})
st.write(df)
pandas

Pandasの表を編集したい場合には、以下のようにすれば編集可能になります。また、編集した結果も受け取ることができます。

edited_df = st.data_editor(df)

matplotlibのグラフ

matplotlibのグラフの表示もwrite()で行うことができます。

ただし、簡単なグラフであれば、後で説明するstreamlitのグラフ機能を使った方が良いと思います。

x = [i for i in range(100)]
y = [random.random() for _ in range(100)]
fig, ax = plt.subplots()
ax.plot(x, y)
st.write(fig)
matplotlib

とりあえず、write()だけでいろいろ表示することができます

基本コンポーネント

以下、streamlitで使えるGUIコンポーネントについて解説します。

文字列

文字列を表示させる関数です。

st.text("文字列です")
text

ボタン

ボタンを表示します。ボタンが押された場合は、戻り値にTrueが返ります。

click = st.button("Click")
if click :
    st.write("ボタンが押されました: click = ", click)
button

スライダー

スライダーです。min_valuemax_valuevalueで最小・最大値と初期位置を指定できます。また、stepでスライダーの動き幅を設定できます。

st.write("## slider")
val = st.slider("値を設定してください", min_value = 0, max_value = 100, value = 50, step = 2)
st.write(f"スライダーの値={val}")
slider

ラジオボタン

ラベルと、項目をタプル(またはリスト)で設定します。

ラジオボタンです。index=Noneを設定することで、どれも選ばれていない状態にできます。指定しない場合は、1番目が選ばれます

sel = st.radio(
    "以下を選択してください", 
    ("Aを選択", "Bを選択", "Cを選択"),
    index = None,
)

if sel == None :
    st.write("**どれかを選択してください**")
elif sel == "Aを選択" :
    st.write(":rainbow[正解!]")
else : 
    st.write("不正解!")
radiobox

選択ボックス(selectbox)

項目を選択するドロップダウンリストを表示します。

ラベル、項目の純で設定します。indexに設定された項目がデフォルトで選択された状態になります。placeholderは、何も選択されていない場合に表示されるテキストです。

option = st.selectbox(
   "どれを選択しますか?",
   ("メール", "電話", "AIチャット"),
   index=None,
   placeholder="連絡手段を選んでください...",
)
st.write(f"選択は{option}ですね。")
selectbox

テキスト入力

テキストの入力が1行の場合はtext_inputを使います。

ラベル、あらかじめ入力されている文字列を引数として渡します(あらかじめ入力されている文字列がない場合は空行となります)

placeholderは、何も選択されていない場合に表示されるテキストです。

input = st.text_input(
    '意見を入力してください', 
    'サンプルの入力')
st.write(f"入力は「{input}」ですね")

input = st.text_input(
    '意見を入力してください', 
    placeholder = 'ここに入力')
st.write(f"入力は「{input}」ですね")

st.write("## text area")
textinput

複数行のテキスト入力を行う場合は、text_areaを使います。

txt = st.text_area(
    "感想をいれてください",
    "たのしめました。また、よろしくお願いします",)
st.write(f":red[入力は以下の通りです]")
st.write(txt)

txt = st.text_area(
    "感想をいれてください",
    placeholder = 'ここに入力')
st.write(f":red[入力は以下の通りです]")
st.write(txt)
text_area

ダウンロード

ファイルのダウンロードも行うことができます。以下の例は、pandasのデータフレームをcsvに変換してダウンロードしています。

dataにダウンロードするデータを、file_nameにファイル名、mimeはMIMEタイプです。

MIMEタイプは、dataに合わせて設定します。MIMEタイプとしては、例えば、以下のようなものがあります。

文書の種類MIMEタイプ
JSON 形式application/json
カンマ区切り値 (CSV)text/csv
ハイパーテキストマークアップ言語 (HTML)text/html
JPEG 画像image/jpeg
MPEG 動画video/mpeg
MP3 音声audio/mpeg

以下のコードで、CSVファイルでダウンロードのボタンをクリックすると、ファイルがダウンロードできます。

df = pd.DataFrame({"x":[1,2,3], "y":['a','b','c']})
st.write(df)
st.download_button(
    label="CSVファイルでダウンロード",
    data=df.to_csv().encode('utf-8'),
    file_name='df.csv',
    mime='text/csv',
)
download

アップロード

ファイルのアップロードも行うことが可能です。

以下の例では、画像をアップロードして表示させています。

アップロードできるファイルサイズに制限があります

uploaded_file = st.file_uploader("画像ファイルを選択してください", type=['png', 'jpg'])
if uploaded_file is not None:
    img = Image.open(uploaded_file)
    st.image(img, uploaded_file.name)
upload

プログラム中でst.Imageを使っています。これは、画像を表示するコンポーネントです。

サイドバー

サイドバーを作ることも可能です。やり方はいくつかありますが、with st.sideberを使って、一気にGUIアイテムを配置するのが手軽です。

メインの画面と、サイドバーに同じものを貼り付けるとKeyエラーが発生することがあります。その場合は、引数key一意なKeyを設定すれば解決します

with st.sidebar :
    sel2 = st.selectbox(
        "どれを選択しますか?",
        ("メール", "電話", "AIチャット"),
        index=None,
        placeholder="連絡手段を選んでください...",
        key = "sel2"
    )
sidebar

待ち時間表示(spinner)

処理中をくるくる回転するアニメーションで表示させるものです。以下のようなコードで利用します。

以下のコードでは、ボタンがクリックされると2秒間スピナーが回転します。

実際にこれを使う場合はtime.sleep(2)のかわりに、重い処理をここに記述します。

if st.button('処理を開始'):
    with st.spinner('処理中です...'):
        # ここに時間のかかる処理を書く
        time.sleep(2)
        st.write('終了しました')
spinner

グラフ描画

グラフの描画についていくつかサンプルを用意しました

ライングラフ

x = [i for i in range(100)]
y = [random.random() for _ in range(100)]
df = pd.DataFrame({'x' : x , 'y' : y})
st.line_chart(df, x = 'x', y = 'y')
linechart

散布図

x = [i for i in range(100)]
y = [random.random() for _ in range(100)]
df = pd.DataFrame({'x' : x , 'y' : y})
st.scatter_chart(df, x = 'x', y = 'y')
scatterchart

棒グラフ

x = [i for i in range(100)]
y = [random.random() for _ in range(100)]
df = pd.DataFrame({'x' : x , 'y' : y})
st.bar_chart(df, x = 'x', y = 'y')
barachart

TIPS(便利な機能)

データの保持について

streamlitは、ボタンをクリックしたり、GUI操作をするとすべてのデータがリセットされてしまいます。上の例のグラフなどは、ボタンがクリックされる度に乱数が変化し、内容が変化してしまいます。

データを保存するには、st.session_stateを利用します。

以下は、使い方の例です。

if "x" not in st.session_state :
    st.session_state.x = random.random()
st.write(f"xは{st.session_state.x}です")

デバッグに便利なRun on save機能

streamlit run xxxx.pyで起動したアプリケーションのコードを書き換えるときに、毎回再起動するのは面倒です。

streamlitでは、動かしながら確認する機能が用意されています。

これを有効にするには、「Settings」で、「Run on save」をチェックしておきます。

① Webアプリの左上にあるSettingsを選択します。

② SettingsのRun on saveのチェックボックスをチェックします。

Deployについて

streamlitで作成したアプリは、デプロイすることでWebアプリとして公開することもできます。今回解説した機能を一覧表示するアプリもデプロイしてみました。

試してみる場合はここをクリックしてください。

deployするには、githubのアカウントなどが必要になります。今回はデプロイについては解説を省略します。

まとめ

WebベースのGUIを作るのに便利。ちょっとしたGUIを作る場合は、これがよいかも(理由:windows, mac, linuxで同じように表示できる)

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

記事URLをコピーしました